NURO光 公式キャンペーンはこちら

知らないと損!フレッツ光と光コラボの違いを分かりやすく解説!【完全ガイド】

光コラボ フレッツ光 違い

光回線のフレッツ光と光コラボの違いは何?

どっちが得なの?

光回線の申し込みで迷われている方も少なくありません。

MM総研の調べでは2016年の光回線サービスの契約者数は2800万件を超え今後も固定ブロードバンド市場は緩やかに拡大すると予想しています。

この光回線の市場が伸びている要因が2015年2月1日から始まった『光コラボレーション(光コラボ)』です。

フレッツ光も光コラボどちらもNTTの光回線のため品質は同じですがサービス内容に違いがあります。そして光コラボを提供する事業者は500社以上もあるため、どの光コラボ事業者にするかも迷ってしまいます。

結論、光回線は「光コラボ」を選んだ方がお得です!

あとはどの光コラボ事業者を選ぶかです。

今回はフレッツ光と光コラボの違いやメリット、デメリットなど光回線の基礎から、お得になる申込み方法まで分かりやすく解説していきます。この記事で光回線の疑問を解決してください。

光回線の基礎知識

知識

光回線とはインターネット回線のひとつで、光ファイバーを利用したデータを送信する通信回線のことです。

インターネット回線には光回線の他にADSL、ケーブル回線、モバイル回線がありますが、この中で最も通信速度の速い回線です。

光回線のメリット

固定の通信回線の中では最も速度が速く動画の視聴や大容量データの取り扱いもスムーズ!

光回線の通信速度は一般的なタイプで1Gbpsです。ADSLの速度が50Mbps程度なので約20倍以上も早いことになります。

光回線はADSLに比べ通信速度が安定しています。光回線はノイズに影響され難いく遠距離でもデータを伝達することができるため安定してインターネットをすることができます。

ADSL回線はアナログの回線のため基地局からの距離が遠いと、通信が途切れてしまう弱点がありました。

メリット
  • 通信速度が速いので動画がサクサク見れる!
  • ひかり電話・TVなどオプションが多数!

安定した音声通話「ひかり電話」

ひかり電話

ADSL回線の時代から始まったIP電話。街中でソフトバンクが無料でIP電話のアダプタを配っていたのを記憶している人もいるでしょう。この時代のIP電話はADSL回線を使っていたため品質は決して良いとは言えませんでした。

光回線によって通常の電話回線と変わらない音声品質(クラスA)の「ひかり電話」が登場し通話料金の安い電話サービスを利用できるようになりました。

ひかり電話の登場によって加入電話の契約者は減少の一途をたどり企業を中心に「ひかり電話」が普及し始めました。
ひかり電話とひかり電話エース今更聞けない「ひかり電話」と「ひかり電話エース」の違いを徹底解説

光回線のデメリット

光回線を利用するには建物に物理的に光ファイバーの線を引き込む工事をする必要があります。ビルの場合、電柱やハンドホールからビル内への引き込み、そこから部屋内までの引き込み作業が必要です。

新規で個別に引き込みできる建物かはNTTに確認する必要がありますが引き込みにはNTTが現場調査を事前に行い問題が無ければ後日、入線工事をする流れになります。

料金はプランによって様々ですがADSLに比べると高めです。また固定回線なので外で持ち運ぶようなことはできません。

光回線の普及率と事業者・サービス別のシェア

光回線はどの程度普及しているのか?これから光回線を検討しようとしている人の中には、こんな疑問を持つ方もいるかもしれません。

インターネットが普及しスマホで手軽にインターネットができる時代となり固定の光回線からwi–fiの無線に時代も変わりつつありますが光回線も緩やかではありますが契約者は増え続けています。

光回線の市場は2015年に登場した光コラボによって新規契約者を伸ばしています。またADSLやケーブル回線の契約者も光コラボへ乗り換えなどが進んでいくことが予測されてます。

後で説明しますが光コラボへの転用、つまりフレッツ光から光コラボへの移行者も一定数ありましたが転用ペースは落ちついてきているようです。

光回線の契約者数

出典:https://www.m2ri.jp/news/detail?id=210

光回線のシェアを獲得している事業者

光回線事業者のシェア

出典:https://www.m2ri.jp/news/detail?id=210

NTT以外にも光回線を提供している事業者があります。KDDIの「auひかり」、ケイ・オプティコムの「eo光」、マンション全戸一括加入型の光回線サービス最大手のアルテリア・ネットワークスの「UCOM光レジデンス」です。

光回線のシェアではNTT東西が圧倒的なシェアを獲得しているのがわかります。独自の光回線を提供しているKDDIは携帯電話とセット割引「auスマートバリュー」でシェアの獲得に力を入れています。

こうした独自の光回線を提供している業者の特長は提供エリアが限定されることがありますがNTTのフレッツ光に比べると割安で通信スピードが早いといった特徴を持っています。

フレッツ光とは

フレッツ光

NTT東日本・NTT西日本(以下:NTT東西)が提供している光回線のサービス名(商品名)が「フレッツ光」です。

フレッツ光の特長は動画の視聴や大容量データの取り扱いもスムーズ行うことができるインターネット回線です。通信速度は「ベストエフォートタイプ」のため速度の保証はされていません。

回線の速度はフレッツ光側の問題だけでなくプロバイダー混雑具合やフレッツ光のプラン(VDSLなど)、共有数、パソコンのスペック、ルーター機器などによっても変わります。

フレッツ光の通信速度は1Gbpsですが実測は、この数字に達していません。

MEMO

ベストエフォートとは、直訳すれば「最大限の努力」ですので、サービスを提供するときに最大限の努力をすることを表現する言葉です。

またNTTの光ファイバーは日本全国に行き渡っているため対応エリアが広範囲のためほとんどの地域で利用することができます。

フレッツ光でインターネットを利用するにはの別にプロバイダとの契約が必要になります。

メリット
  • 通信速度が速いので動画がサクサク見れる!
  • 提供エリアが広い!
  • 選べるプロバイダー数が多い!
  • ひかり電話・TVなどオプションが多数!
デメリット
  • 工事までに現調が必要な場合がある。
  • 工事が大変。
  • 建物によっては個別タイプが使えない(VDSL方式になる)。
  • ADSLに比べ割高。

フレッツ光のプランは大きく分けて2つ

フレッツ光には「定額プラン」と「2段階定額プラン」2つのプランに分かれています。定額プランは「フレッツ光ネクスト、2段階定額プランは「フレッツ光ライト」です。

フレッツ光ネクスト

一定の料金で使い放題のプランです

スピードは最大概ね1Gbpsでベストエフォートタイプでインターネットの利用時の速度は利用環境や回線の混雑状況、伝送方式等によって低下やプロバイダの準備されるネットワークによっても異なります。

インターネットの利用頻度が多い場合はフレッツ光ネクストが良いでしょう!

フレッツ光ライト

料金が2段階制になっていて、使用量が少ないと安くなる使い放題プラン

スピードは下り最大100Mbps、上り最大100Mbpsでネクスト同様ベストエフォートタイプです。

メールが中心でインターネットを使うのは少しだけという方へおすすめのプランです。

フレッツ光とプロバイダーの関係

 

プロバイダー

出典:NTT東日本公式ホームページ

インターネットを始めるためにはフレッツ光の契約と、もう一つプロバイダーとの契約が必要です。この2つを契約して初めてインターネットを利用することができます。

フレッツ光はNTTが提供する光ファイバーという物理的な回線です。プロバイダーはインターネットに接続するためのサービスを提供する事業者です。

フレッツ光に対応したプロバイダーの数は約450社を超えます。代表的な大手プロバイダーは「OCN」、「ビッグローブ」、「ぷらら」、「ソネット」、「DTI」です。プロバイダーによって利用料金やサービス内容が異なりるため料金やサービスを比較して、ぴったりのプロバイダーを選んでください。

プロバイダーの料金は回線や、建物の種類ごとに異なり月額で500円~1500円程度が目安です。

フレッツ光の口コミ・評判

SNSによるフレッツ光の評判はどうでしょか。サポート面、通信速度、契約の口コミを拾ってみました。利用者が投稿している口コミ評判を調べれば、実際の使用感わかります。

フレッツ光を利用するべきかどうかの参考にして下さい。

サポート面

スピード面

新規契約について

フレッツ光のお得な申込み方法

口コミでもある通りフレッツ光はキャッシュバックなどのおトクなキャンペーンがあります。

フレッツ光は工事費がかかるため、キャッシュバックなどを上手の活用することで実質無料かそれ以上の利益を得ることができます。

フレッツ光とプロバイダーを同時に申込ができ、かつキャッシュバックをもらう方法がNTTの代理店経由での申込みです。

NTT東西の公式ページからではキャッシュバックは受けれないので、申込みをする際は当サイトが厳選した代理店経由(下記リンク)から申込みして下さい。

代理店によってキャンペーン内容は様々です。高額なキャッシュバックを行っている代理店もありますが、受け取りまでのハードルが高いので注意が必要です。

余計なオプション加入なしで簡単にキャッシュバックをもらえる代理店が株式会社NEXTです。

株式会社NEXT

SOHO・法人のお客様であればオプション加入不要でキャッシュバックが貰えます。キャッシュバック申請も申込時に振込み希望の口座情報を伝えるだけの簡単な申請手続きになっています。

NTT代理店 NEXT申し込みはこちら

株式会社NEXT「フレッツ光受付サイト」

必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。他の窓口ですと、キャンペーンス内容が劣る可能性もあります。フレッツ光公式ページではお客様への還元は行ってません。

光コラボ(光コラボレーション)とは何か?

NTT東日本/西日本が提供するフレッツ光(光回線)を各事業者(※プロバイダーなど)が借り受け、各社の“ブランド”として自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせた新たなサービスです。

もともとNTT東日本/西日本はインフラの整備から販売・サポートの全てをおこなってきましたが光コラボによってインフラ整備はNTT東日本/西日本がおこない、販売・サポートはコラボ事業者が行う体制で分離した形となります。

様々な事業者が独自のサービスを組み合わせて販売することで価格競争やサービスの向上につながり利用者にとってのメリットが大きくなりました。

一方でコラボ事業者が増加でユーザーはどの事業者の選択が難しくなるでしょう。

光コラボとフレッツ光の違い

これまでインターネットを利用するためにはNTT東日本/西日本、KDDI、ケイプティコムなどの光回線を提供する事業者とOCNやビックローブ、ニフティなどのインターネットに接続するためのプロバイダーと2つの契約が必要でした。

光コラボの登場によってプロバイダーと光回線サービスが一本化されました。コラボ業者の独自のキャンペーンや施策をプラスした光回線サービスが展開されることに!!
フレッツ光
  • フレッツ光と別にプロバイダーの契約が必要。(フレッツ光だけではネットができない)
  • 支払い・サポートがバラバラ。
光コラボ
  • 光回線とプロバイダーをセットで契約ができる!
  • コラボ事業者の独自サービス(セット割引)などがある。
  • サポート支払いが一本化

光コラボ事業者とは

光コラボ

出典 NTT東日本

光コラボ事業者にはドコモやソフトバンクなどの通信事業者やNTTの販売代理店、その他の異業種からの新規参入した会社など2019年の時点で500社以上あります。

自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせた新たなサービスをワンストップでご提供するのが光コラボ事業者です。

光コラボ事業者&取り扱いサービス一覧

コラボ事業者のオプションサービスの注意事項

フレッツ光のオプションサービスには「ひかり電話」、「リモートサポートサービス」、「フレッツ・
テレビ」、「24時間出張修理オプション」の4つがありますが、コラボ事業者によって取り扱うオプションサービスが異なります。

オプションの取り扱いができない場合は、NTT東日本/西日本が提供することになるため、このオプションだけ請求書やサポートがコラボ事業者と別々となります。

コラボ事業者によって取り扱うオプションサービスがことなるので申込み前に確認するようにしましょう。

光コラボ

出典:NTT東日本 オプションサービス取り扱い

フレッツ光から光コラボに変えるメリットとデメリット

フレッツ光から光コラボに乗り換えることを「転用」と呼んでいます。

すでにフレッツ光を利用していても光コラボに乗り換えることができます。この時にあるメリットとデメリットをまとめました。

メリットは

①光コラボ事業者の独自サービスを受けられる

独自サービスを受けられることができます。

たとえばドコモ光の場合、ドコモのスマホとの「セット割」で毎月2,260円もお得になります。これがコラボ事業者の独自のサービスです。

GMOとくとくBBドコモ光 

ドコモのスマホを利用してるなら間違いなくドコモ光がお得!!
注意

※1 NTT東日本でフレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプとGMOとくとくBBのフレッツ光戸建タイプをご利用の場合で、NTTドコモのギガホをご利用の方がドコモ光に乗り換えた場合※2 2019年9月末までの加入で最大6か月間、月額1,000円割引となる「ギガホ割」適用後の月額料金です。(2年間定期契約の場合)

②フレッツ光に比べ基本料金が安い

フレッツ光と光コラボの料金を比較してみます。フレッツ光はプロバイダーの組み合わせによって料金が変わりますが、安いプロバイダーを選んだとしても光コラボの方がお得なのがわかります。

[table id=8 /]

excite光は業界最安値の光コラボです。他と比較してわかる通りダントツの安さです。安さだけで品質・サービスはどうなのか?気になりますよね。

excite光の評判を見ると速度に不満をもっているユーザーがいるようです。

しかし通信速度はプロバイダー混雑具合やフレッツ光のプラン(VDSLなど)、共有数、パソコンのスペック、ルーター機器などによっても変わるため一概に口コミだけでの評価はきません。

光回線はフレッツ光を利用しているため品質は同等です。使用環境などは皆が同じではないことを考慮して選ぶようにしましょう。

光コラボの良いところは事業者が独自のサービスを展開していることです。スマホなど自分が使っているものと同じ事業者にすることが安くするポイントです!
[table id=7 /]

デメリットは

③契約期間の縛りがある

光コラボのほとんどの事業者は2~3年の契約期間を設定したプランで割引が適応され、中途解約をする場合は契約更新月以外は解約金が9000円~かかります。

しかし中には契約期間の縛りや中途解約金の掛からないコラボ事業者もあるので期間に縛られたくない場合はDTIexcite光がオススメです。

契約時には契約期間と解約金がいくら掛かるかを確認するようにしましょう。!
[table id=9 /]

④問合せ先がNTTでなくなる

光コラボのメリットはサービスや請求窓口が一本化になることでした。インフラの提供元であるNTTの回線を利用していることに変わりはありませんが、全ての対応窓口はコラボ事業者となります。

ドコモ光など大手プロバイダーは問合せ窓口が沢山ありどこに連絡をすれば良いか迷ってしまう人も多いかもしれません。

また大手プロバイダーは時間帯によっては混雑しているので繋がり難いこともあるでしょう。

  • 問合せ窓口がたくさんありわかり難い。
  • 混雑していて繋がり難い時間帯がある。

コラボ事業者のサポート体制の確認も事前にするようにしましょう。

光コラボ事業者を選ぶポイントとは

どこの光コラボが自分にあっているかは以下の3つがとても大切です。この3つのポイントを詳しく解説していきます。

  1. 光回線の必要性。
  2. 長期契約ができるか。
  3. 自分にあったコラボ業者であるか

本当に固定の光回線の必要?

WiFiなどのモバイル系の通信サービスが通信制限なしでも月額が3000円~4000円で利用ができるため、とても人気があります。

スマホ中心の若い世代ではパソコンを持たない人も多くいます。そのような利用者にとっては家でも外出先でもネットが使い放題のWiFiルータの方がメリットがあったりします。

自宅で家族みんながネットを利用する場合はWiFiだでは不便になるでしょう。(誰かが持ち運ぶと使えなくなるため)

自分の生活環境によって光回線かが必要かWiFiのどちらが便利かを考えることが大切です。

長期契約できるかを考える

光コラボには契約期間に縛りがあることを説明しましたが、最低でも2年の契約ができるかを考えましょう。引越しを2年以内にする場合は引越し先で必ずしも、今の光回線が使えるとは限りません。

安く使うためには長期契約は必須でもあります。長期契約ができるタイミングかも考慮することが大切です。

自分にあったコラボ業者であるか

500社以上もある光コラボ事業者からどこを選ぶか難しいところです。

失敗しな最善の方法が「自分が使っているスマホ・携帯に関係するコラボ事業者」にすることです。

以下の表を参考にしてくだい。

[table id=10 /]

ドコモ光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ドコモ光の申込みは公式ページ又はプロバイダ経由になりますが独自キャンペーンを実施しているプロバイダ経由での申し込みが最もお得です。

ドコモ光の代理店で申込みをすることでドコモの公式特典(dポイント)に加え代理店独自のキャッシュバックがもらえます。

ドコモ光のおすすめ代理店が「GMOとくとくBBのドコモ光」です。無料で借りられるWi-Fiルーターを3種類から選ぶことができるのと、オプション加入なしでもキャッシュバックがもらえるが、おすすめの理由です。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのドコモ光』はプロバイダー大手のGMOインターネットが運営しています。ドコモ光のキャンペーンに最も力を入れている会社の一つでキャンペーン内容だけでなくサービスも充実しているため人気のプロバイダーです。

ソフトバンク光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ソフトバンク光の申込みは公式ページ又はプロバイダ経由になりますが独自キャンペーンを実施しているプロバイダ経由での申し込みが最もお得です。

代理手でキャッシュバックをもらうにはオプション加入が条件が多くあります。しかしアウトカンパニーはオプション加入なしでキャッシュバックがもらえるため、おすすめです。

アウトカンパニー

ソフトバンク光 代理店お申込みはこちら

ビッグローブ光おすすめ申し込み窓口とプロバイダ

auユーザーならビッグローブ光がオススメです。

auスマホの月額料金が最大2年間2,000円/月おトクになります。最大割引には「ビッグローブ光」と「ビッグローブ光電話」をセットにする必要があります。

代理店のLBフォースはキャッシュバックは他に比べ高くはありませんが、受け取るための難易度が低いためオススメです。キャッシュバックは金額が高くなるほど貰うための条件が厳しくなり、結局受け取れなくなってしまうます。確実もらいたい人は金額は低くても難易度の低い代理店を選ぶのことがポイントです。

LBフォース

LBフォース

申し込みはこちら

まとめ

長くなってしまいましたが、フレッツ光と光コラボの違いについて説明してきました。これから起業や開業、引越しなど光回線をどうしようか迷っている方にとって参考にして頂ければと思います。

光コラボは利用者にとてもメリットのあるサービスです。どこのコラボ事業者を選択に迷ったら自分のスマホと同じ会社にしておけば間違いないでしょう。