NURO光 公式キャンペーンはこちら

ソネット光プラス契約前の完全ガイド。速度の評判と主要15社を徹底比較!

ソネット光プラス

プロバイダー大手のソニーネットワークコミュニケーションズが運営するソネット光。

国内の固定ブロードバンド回線でもOCN、YahooBB、ビッグローブ、ニフティに並び人気のプロバイダーです。2018年11月に「So-net光プラス」にリニューアルしてサービス内容が一新されて注目を集めています。

またauスマートバリューが提供されauスマホを使っているユーザーはかなりお得になります。

しかし契約する前にメリットやデメリット、評判など知っておきたいものです。

結論からエキサイト光がおすすめな人は

  • auスマホ、携帯、タブレットを使っている人
  • auひかりエリア外(関西・東海地区)の人
  • セキュリティ機能を充実させたい人
  • フレッツ光を使っている人。

So-net光プラスのメリットだけでなくデメリットや評判から契約前の不安を取り除けるよう完全ガイドとして徹底解説します!

ソネットの信頼が高い理由

ソネットは高いサポート力と充実したセキュリティで信頼が高く、昔からユーザーの満足度が高いプロバイダーです。

ADSL、光ファイバー回線のインターネット接続サービス、高速モバイル通信サービス、ネットワークサービス、コンテンツサービス、ポータルサイト・オウンドメディアと幅広い分野でサービスを展開しています。

光回線ではNTTのフレッツ光、KDDIのauひかり、自社のネットワーク基盤を使ったNURO光、ドコモ光・コミュファ光ともISP業務で提携しています。

ISPを一本化した光コラボ、ソネット光プラスに名前が変更したことでより注目度が高まっています。

ソネット光プラスの申し込み窓口はここ!!

ソネット光は公式サイトまたは代理店サイトで申し込みが可能です。公式サイトと代理店サイトでは特典が異なります。代理店サイトでは独自のキャッシュバック特典がありオプション加入をすれば高額キャッシュバックを受けることができます。

ただ当サイトでは公式サイトからの申し込みを推奨しています。

理由はオプション加入によって月額料金が上がってしまい結局は不要なサービスを毎月支払うことになってしまうからです。オプション加入なしになると高額キャッシュバックでは無くなります。

一方の公式サイトでも独自のキャンペーンを実施しています。手間なく安心して申込みできる公式サイトからの申し込みをおすすめします。

代理店別キャンペーンの詳細はこちら

ソネット光プラス公式サイトはこちら

 

ソネット光     So-net光プラス 公式サイト     

ソネット光プラスの月額料金

ソネット光プラスの月額料金は現在のフレッツ光回線の利用状況、住居タイプによって金額が変わります。

戸建て・マンションそれぞれの料金プランは、以下の表のとおりです。

ソネット光プラスの月額料金は業界最安値水準!?

ソネット光プラスの標準の月額料金は5,580円(戸建て)ですが割引が適用されることで戸建て3,980円、マンション2,980円と業界最安値水準です。

しかし37カ月後は割引の適用が無くなるので月額料金は標準価格に戻りす。

新規の場合

転用/事業者変更の場合

新規と転用の違い

光コラボには契約形態が2種類あります。新規と転用です。転用とはフレッツ光から乗り換えることで新規契約はインターネットを初めて契約する場合や他社回線からの乗り換えなど新たに回線を契約する場合のことです。

転用では既設の設備をそのまま利用できるため工事不要で乗り換えることができるため転用で光コラボをすると非常にお得です。また新規と転用では初期費用などにも差があります。

新規よりも転用の方が安く設定されているのが特徴です。これはフレッツのユーザーが他社回線に移行されないために光コラボへの切替えの場合は安く利用できるような料金体系を設定しているためです。

フレッツ光からの乗り換えはお得!(転用)

フレッツ光の場合、別にプロバイダーと契約をしているため月額料金が割高のため転用はお得です。

転用にかかる費用が気になるところですが転用は回線工事費がかかりません。しかしフレッツ光と加入中のプロバイダーは違約金が発生するケースもあります。

フレッツ光やプロバイダーの違約金は通常の乗り換えと違いNTTが指定している会社の光回線であれば、「フレッツ光を解約する」のではなく「契約変更」と処理されるため違約金が発生しません。

ただしauひかりなど独自のインフラを利用している場合は違約金が発生します。

また転用先でも同じプロバイダに加入する場合は解約する必要ありませんがプロバイダーが変わる場合は違約金が発生します。

転用

So-net 光 with フレッツ Sを利用している場合

So-net 光 with フレッツ Sからの転用(乗り換え)は工事が必要なく、フレッツ光の解約金もかかりません。プロバイダはそのままで、回線だけお引っ越しするようなイメージです。

ソネット光にすると支払いが一本化されるので月額料金が安くなります。

フレッツ光ユーザーが引越と同時に申し込む場合

フレッツ光を利用中で引越し(移転)を機に「So-net 光 プラス」に転用する場合は通常とは別の費用が発生します。

申し込みは引越しの2カ月前から可能で新しい住所が決まったら引越し先のエリア確認しましょう。

エリアが東日本、西日本に分かれており同一エリア内での引越しかエリア外での引越しかによって移転工事費が異なります。

同一エリアでの移転工事費:9,000円

エリア外での移転工事費:24,000円(400円×60カ月)

事務手数料:3,000円

ソネット光プラスの引越し手続きはこちら

ソネット光への事業者変更

2019年7月から「事業者変更」という制度がスタートしまた。

事業者変更とは 光コラボレーション事業者様が提供する光アクセスサービス(NTT東日本より提供を受けた光アクセスサービスを利用したもの)をご利用中のお客様が、他の光コラボレーション事業者様※1の提供する光アクセスサービスへ工事不要※2で移行することを「事業者変更」といいます 。

出典:NTT東日本 https://flets.com/app10/kaiji/

事業者変更

この制度の前は新規扱いになっていたので回線工事費24,000円が発生していましたが事業者変更の制度によってソネット光へ乗り換える際の回線工事費が不要になりました。

ただし転用に掛かる回線工事費はNTTが指定している会社の光回線でなければダメです。

事業者変更の制度がスタートしたことで代理店の獲得競争も激しくなっています。代理店の中には言葉巧みに安くなるからと言って強引な営業もあるので注意してください。

今使っている光回線に満足していない場合は月額料金が大幅に安くなるソネット光プラスはおすすめです。

ただし乗り換え時に現在使っている光回線の解約金は発生してしまうので乗り換えは更新時期が良いでしょう。

ソネット光プラスと主要光回線15社比較

他社の光回線と比較してみましょう。(戸建て)

ソネット光プラスは契約期間は3年なので同じ3年契約があるnifty光、ビッグローブ光、au光、ピカラ光と比較しても安いです。5年契約があるソフトバンクの料金と比較しても720円も安いです。

業界最安値と言われているエキサイト光と比較しても安いことがわかります。

ダントツの安さです!

この「大幅割引キャンペーン」はとくに申し込む必要がなく、ソネット光プラスの公式特典となっています!

ソネット光プラスの次世代通信「v6プラス」の評判

ソネット光プラスはインターネット接続方式をV6プラスに無料で切り替えることができます。

V6とは次世代のインターネット接続方式で現在の利用者で混雑しているIPv4接続方式とは異なったネットワークを指します。混雑しているIPv4を回避して快適にインターネットをすることができます。

渋滞している道路がイメージしやすいかと思います。

道路が渋滞していると前に進むには時間がかかかるのと同じことです。

道路の渋滞が緩和された道がV6プラスということです。

V6プラス

利用者の評判は?

利用者のIPv6の評判は良さそうです。速度に満足している利用者は多いということがわかります。

IPv6を利用するには申し込みと対応機器が必要になりますが快適にインターネットを利用することができるのでおすすめです。

IPv6の申し込み方法

ソネット光 IPv6

申し込み手順の詳細はこちら

申し込みはソネットの公式ページの「マイページ」から申し込みをができます。

「v6プラス」では、「v6プラス」対応ホームゲートウェイ、または「v6プラス」対応ブロードバンドルーターが必要です。

市販の対応機器または月額400円でレンタルすることができます。

V6プラス動作確認済みWi-Fiルーター

ソネット光プラス4つのメリット

So-net光プラスのメリットは以下の4つ。auのスマホの利用者は必見です!
  • 月額料金が安い(3年間)。
  • 「auスマートバリュー」の適用でauスマホ料金が割引。
  • v6プラスの安定した高速通信。
  • S-SAFEによる安全なインターネット環境。

業界最安値の月額料金(3年間)

ソネット光プラスの月額料金は業界最安値の水準です。

初月を除く2~36カ月間、戸建て2,000円、マンション1,600円が割引されます。37カ月以降は割引の適用が無くなりますが3年間はとてもお得な料金です。

この割引は申し込みも不要なので余計な面倒もありません。

料金表の詳細はこちら

auスマートバリューの適用でauスマホ料金が割引

ソネット光プラスはauスマートバリューの適用でauのスマホ、携帯、タブレットの料金が永年割引になります。お使いのスマホのプランによって異なりますが、毎月500~2,000円がスマホ料金から割引されます。

注意点は「ソネット光電話」とセットで申し込みが必要になることです。ソネット光電話は月額500円発生します。自宅でNTTなどの固定電話を使っている場合は光電話に移行することで電話の基本料金も安くなります。

現在固定の電話を使っいる人、または開業などで固定電話を必要とする人でauユーザーの人にとってはおすすめのセットです。

auスマートバリューとは、「So-net 光 プラス」と「So-net 光 電話」をセットで利用し、auスマートフォン / auケータイ / 4G LTEタブレット・4G LTE対応PCの対象のデータ(パケット)定額サービスに加入している方に、auスマホ料金が永年割引となるサービスです。

auスマートバリューの割引の対象となるのは、「So-net 光 プラス」を契約しているご自宅にお住まいのご家族全員(最大10台まで)。だから、家族の人数が多ければ多いほど割引額も大きくなってさらにお得。また、50歳以上のご家族なら、離れて暮らしていても割引の対象となります。

v6プラスの安定した高速通信

口コミの評判でもご紹介していますがv6接続は利用者からの評価も高い高速な通信ができます。

従来のインターネット接続のIPv4は利用者が多いため混雑しやすく、速度が低下しがちのため動画などを頻繁に見たりする人や、通信速度の速さを気にする人にとっておすすめです。

通信速度が遅い場合の対処法

速度低下には光ファイバー内での混雑によるものとプロバイダー内の混雑によるものがあります。

ソネット光プラスはNTTのフレッツ光を使ったサービスです。フレッツ光は1本の光ファイバーを分岐させて複数の利用者でシェアしているため使用する人数や使用状況で通信速度が変化します。

戸建てやマンションなどによっても最大通信速度も変わりますがマンションタイプでVDSL方式の場合、100Mbpsのため設備的な限界もあります。

さらに複数世帯が一斉にデータのやり取りを行うと、通信回路が圧迫されて1世帯あたりが使える帯域が狭くなり速度が低下してしまいます。

19~22時がインターネットの利用者がもっとも多く、ネットワークが混雑する事から、この時間帯になると通信速度は落ちるのが一般的です。

速度の低下には回線とプロバイダーの接続方式の両方に原因がありますがソネット光プラスではv6プラスの利用が可能なので速度が遅いと感じたらv6プラスにすることをおすすめします。

S-SAFEによる安全なインターネット環境

S-SAFEは、ウイルス、トロイの木馬、ランサムウェアに対するセキュリテ対策だけでなくンラインバンキングの接続も保護するソフトです。

パソコンだけでなく/Mac/Android /iOSデバイスに対応しているのでスマホでネットショッピングをする人にとっても安全なネット決済や金融取引ができるので安心です。

  • PC/Mac/Android /iOSデバイスに対応
  • スマホには、ウイルスだけではなく紛失や盗難への対策も可能
  • 安全なネット決済や金融取引を実現
  • 詐欺サイトからの被害を未然に防止

ソネット光プラス2つのデメリット

So-net光プラスのデメリットはあるのか見てみましょう。
  • 37カ月目以降は割引が無くなる。
  • 中途解約は違約金が発生する。

37カ月目以降は割引が無くなる

ソネット光プラスは3年目までは業界最安値の料金ですが4年目からは割引が無くなるので料金が標準価格に戻ってしまいます。

ソネット光の一番のデメリットですが標準料金になったとしても他社の光回線の料金と比較しても大きな差はないため、当初3年間は非常に安いということです。

中途解約は違約金が発生

これはソネット光プラスに限ったことではありませんが契約更新期間以外の月に解約または退会される場合、解約金として20,000円発生します。

契約更新は37カ月目から再び36カ月間の契約期間が開始します。再度3年間縛りが発生します

契約更新期間は、37カ月目と38カ月目です。

契約更新期間に解約されない場合、契約期間の満了月の翌月を始期とした、新たな契約期間 (36カ月) が自動的に設定されるものとし、以降も同様に更新されます。

工事費残債にも注意!!

また解約時に工事費の残債があると違約金の加え一括で請求があります。

戸建ての場合、400円×60カ月(合計24,000円)で毎月400円分が月額料金に含まれています。この400円×残ヶ月分が請求対象となります。

マンションタイプの場合は500円×48カ月(合計24,000円)なので500円×残ヶ月ということになります。

  • 中途解約の違約金20,000円。
  • 契約更新期間は37カ月目と38カ月目。
  • 更新後は新たに36ヶ月間の契約。
  • 工事費残債も請求対象

違約金や工事残債分を支払わない裏ワザ!!

どうしても違約金などを支払いたくない場合、また月額料金が37ヶ月目以降上がってしまうのが嫌だという場合は他社回線に乗り換えてしまう手があります。

新たに再転用(事業者変更)という制度が出来たことで他のコラボに再転用することができます。再転用時にキャッシュバック特典をやっている代理店経由で申し込みをすれば、違約金の分を相殺できると考えることができます。

相殺できるかはキャッシュバックの金額にもよります。

auセット割を使っている場合はNURO 光、nifty光、DTI光、auひかり、ビッグローブ光、コミュファ光などがおすすめです。auひかり、コミュファ光は対応エリアが限定されているので事前に利用可能かを確認しましょう。

他社回線へ乗り換え時のおすすめ代理店

以下はキャッシュバック特典がもらいやすい代理店です。キャッシュバックをもらうには条件を満たす必要があったりオプション加入が必要だったりするので注意しましょう。

オプション加入なしでキャッシュバックがあるNNコミュニケーションズやLBフォースはおすすめです。

まとめ

ソネット光プラスの徹底解説はいかがでしたか。

料金や通信速度、デメリット、口コミの評価など総合的には〇といった感じではないでしょうか。

auスマホを使っていれば更にお得に利用することもできるのでauスマホなどを利用しているのであればソネット光プラスを検討してみてはいかがでしょうか。

ソネット光プラス(公式サイト)

ソネット光(公式サイト)

So-net光プラス 公式サイト