NURO光 公式キャンペーンはこちら

めっちゃWiFi vsどんなときもWiFiを6項目で徹底比較した結果…圧勝は?

めっちゃWiFi どんなときもWiFi

どうも、ITブロガーのTOTO(@hikakora_toto)です。

ネット上で積極的に広告展開している『めっちゃWiFi』!

『めっちゃWiFi』はMVNO事業で高い実績を持つスマモバ(スマモバはスマートモバイルコミュニケーションズ)が提供を開始した新サービスです。

競争が激しくなるモバイルWiFi業界で新たに登場した『めっちゃWiFi』は他社と比較して何が違うのか気になるりませんか?

『めっちゃWiFi』は『どんなときもWiFi』と同じ端末(U2S)、トリプルキャリア、海外利用ができるモバイルWiFiです。

今回は2019年10月にスマモバが提供を開始した『めっちゃWiFi』と『どんなときもWiFi』を6つの項目に分けて比較をしてみたいと思います。

そして、比較の結果『めっちゃWiFi』は買い?

なのかについての疑問を解決していきたいと思います。

今後もこうしたモバイルWiFiルーターが登場し顧客争奪が激しさを増せばユーザーの私たちにとってはありがたいことです。

しかし一方で、たくさんある中から自分にピッタリのモバイルWiFiがどこなのか迷ってしまいます。

ネット上には一度に何十社も比較しているサイトが多数ありますが正直分かり難いと感じます。

TOTO

たくさん比較されても結局どこが・・・いいの? みたいな。

そんなわで本記事では知名度と人気のある『どんなときもWiFi』と比較することで、初心者でもわかるように解説をしていきます。

この記事を読んで欲しい人
  • めっちゃWiFiを検討している人
  • 新しいモバイルWiFiを探している人
  • WiMAXに不満を持っている人

『めっちゃWiFi』vs『どんなときもWiFi』6つの項目で比較!!

今回比較する項目は以下の6つ項目です。

この6項目をそれぞれ比較して勝敗をつけていき『よくばりWiFi』は『どんなときもWiFi』に勝っているかを検証していきます。

『めっちゃWiFi』と『どんなときもWiFi』は同じ端末でクラウドSIMの仕組みが同じことから比較対象には最適です。

人気の『どんなときもWiFi』を上回る条件なのか自分にピッタリの商品なのか参考にしてください。

  • 月額料金の比較
  • 端末の性能の比較
  • 通信(速さ、繋がり)の比較
  • 海外利用料金の比較
  • 補償制度の比較
  • 解約条件の比較

【1回戦】月額料金の比較!注目は2年目以降

TOTO

まずは一番気になる月額料金の比較からです。

モバイルWiFiは各社、料金、契約期間、契約解除料など価格設定、条件はバラバラです。

どちらも月額料金、初期費用は同じですが注目してほしいのが2年目以降の料金と契約解除料の2つです。

『めっちゃWiFi』は2年目以降の月額料金は据え置きですが『どんなときもWiFi』は500円高くなります。

さらに2年目以降解約する場合、『めっちゃWiFi』は契約解除料金が0円です。

めっちゃWiFi 月額料金

継続または解約、どちらの選択肢も『めっちゃWiFi』の条件の方が優位です。

というわけで1回戦目の料金比較では『めっちゃWiFi』の勝利という結果でした。

【2回戦】端末の性能比較

TOTO

つづいて2回戦目は端末性能の比較です。

どちらもグローカルネット社のU2Sを使っているため端末スペックに差はありませんね!

よって端末スペックは引き分けという結果でした・・・

TOTO

と、終わりにしてしまうのはちょっと早すぎなので端末スペックくらいは解説しないと・・・

端末は薄くてコンパクトなので電池の持ちも良いという評判です。

口コミもあります。後ほど説明しますが海外での利用をする人はコスパが良いということで評価の高い端末です。

(Amazonの口コミ参考)

 

【3回戦】通信速度の比較

TOTO

つづいて3回戦目は通信速度の比較です。

どちらも次世代の通信技術クラウドSIMの仕組みを利用したクラウドWiFiのルーターを使っています。

(クラウドWiFiとは)
従来のモバイルWiFルーターは端末に挿しているSIMカードの対応エリアのみが利用可能範囲のためSIMカードが圏外の地域では利用できませんでした。

しかしクラウドWiFiは利用場所の電波の受信強度・通信速度の安定性などあらゆる条件を踏まえた上でクラウドサーバーに用意している複数のSIMカード(ソフトバンク・ドコモ・au)の中から最適なものを自動割当することが可能になりした。

通信速度について比較

この数値は『みんなのネット回線速度』というサイトで公開されている通信レポートです。

『めっちゃWiFi』と『どんなときもWiFi』は端末、通信技術どれも同じであることから客観的なデータでも速度に大きな差はありません。

通信速度は場所や時間など測定条件がことなるため、全く同じ比較というわけではありません。

さまざまな場所、時間で測定した平均の実測値です。

時間帯別の実測値も、まずまずの平均数値が出ているようです。

この数値ならYouTubeなど通常の動画視聴なら、ほぼ問題がないでしょう。

ということで通信速度の比較は引き分けという結果でした。

【4回戦】海外利用料金の比較

TOTO

つづいて4回戦目は海外での料金比較です。

海外でネットをするには、これまで面倒な手続きや料金の心配が付きまとっていたかと思います。

たとえば・・・

  • 海外に行くたびに面倒なレンタル手続き
  • 海外用wifiの高額請求の心配
  • 海外のフリーwifiの安全性

クラウドWiFiを使った『めっちゃWiFi』なら、このような海外のネット接続の手間や心配ごとが多くを解消することができます。

もちろん『どんなときもWiFi』でも!!

では気になる海外利用の料金を比較を見ていきましょう。

『めっちゃWiFi』は東南アジアの17ヵ国では日額850円で利用することができます。

カンボジア 中国 香港 インド インドネシア マカオ マレーシア ミャンマー モンゴル フィリピン シンガポール 韓国 台湾 タイ ラオス ベトナム バングラデシュ

『どんなときもWiFi』のアジア圏は日額1,280円です。

TOTO

この差はけっこう大きいですね。

その他の地域でも『めっちゃWiFi』の料金の方が安いですね。

ということで海外の利用料金の比較は『めっちゃWiFi』の勝利でした。

【5回戦】補償制度の比較

TOTO

つづいて5回戦目は補償制度についての比較です。

『めっちゃWiFi』には『どんなときもWiFi』のようなオプションの補償制度がありません

もし機器を故障させてしまった場合、レンタル機器損害賠償金として発生都度5,000円の支払いが発生します。

一方『どんなときもWiFi』では未加入で故障させてしまった場合、損害金として18,000円の支払いが発生します。

料金的にどちらがお得か比較すると

『どんなときもWiFi』のオプション月額400円×24ヶ月=9,600円

『めっちゃWiFi』で賠償金を1回分5,000円

オプション制度がない『めっちゃWiFi』でも一度、故障費用を支払ったとしても『どんなときもWiFi』よりお得です。

TOTO

おれ補償制度いらないかも

ということで補償制度の比較は『めっちゃWiFi』の勝利でした。

【6回戦】解約条件の比較

TOTO

いよいよ最終の比較。解約条件について。

ここまでの比較を振り返ってみると

『めっちゃWiFi』3勝
『どんなときもWiFi』0勝

2引き分けで『めっちゃWiFi』がリードしてますね。

では最終比較、解約条件の比較を見ていきましょう。

途中解約はどちらも解約金が発生しますが『めっちゃWiFi』の方が圧倒的に低い金額ですね。

しかも25ヶ月目以降は解約金の負担は0円です。

端末返却の義務

解約時はどちらも端末、付属品の返却義務があります。

返却期限までに返却ができない場合ペナルティが課せられ費用が発生するので注意しましょう。

返却できない場合の損害金

『めっちゃWiFi』:5,000
『どんなときもWiFi』:18,000

MEMO

『めっちゃWiFi』の契約約款には
当社の指定する返却期日までに契約者からレンタル機器が当社に到着しなかった場合、確認日の属する月の翌月に、当社が別紙に定める損害賠償金を契約者に請求とあります

TOTO

解約金の負担がないのは嬉しいですね。

でも返却には気をつける必要があるね。

ということで最終勝負、解約金の負担が少ない『めっちゃWiFi』の勝利でした。

まとめ

『めっちゃWiFi』と『どんなときもWiFi』を6つの項目にわけて比較をしてきました。

比較の結果は『めっちゃWiFi』は『どんなときもWiFi』よりお得であることがわかりました。

TOTO

『めっちゃWiFi』は買っても損はない!

とくに海外旅行や出張が多いひとにおすすめです!

ただ購入してから後悔しないためにも『めっちゃWiFi』のデメリットや特徴も知っておいてくださいね。

めっちゃWiFi【解約金0円】めっちゃWiFiの評判を調査!メリットの裏に潜むデメリットとは?