テレワークにおすすめポケットWiFiはこちら

一人暮らしにおすすめネット環境とは?失敗しない選び方を解説!

一人暮らし WiFi

どうも。元ビジフォン販売員のTOTO(@hikakora_toto)です。

一人暮らしのネット環境の定番と言えばポケットWiFiですが、

これから一人暮らしをする大学生や社会人はネット環境をどうしようかと悩んでいませんか?

通信費は安く抑えたい・・・

アパートに回線工事ができるのか不安・・・

家でも外でも使いたい・・・

無制限で使いたい・・・

設定とか苦手・・・

このような悩みを抱えている人も少なくないかと。

ネット環境には光回線(固定回線)、ポケットWiFi、ホームルーターなど様々です。

ネットがないとメチャ不便だけど、結局どれがおすすめなの?

ちゃーりー

TOTO

結論を先に言ってしまうと、一人暮らしなら「WiMAX」がおすすめなんだ!

これから一人暮らしをする人のために、

今回の記事では一人暮らしのネット環境にはポケットWiFiの中でも「WiMAX」がおすすめなことについて書いていきます。

この記事で解決できること
  • 一人暮らしのおすすめなネット環境
  • おすすめのWiMAX(プロバイダー)

記事をざっとみる

一人暮らしがポケットWiFiを持つべき理由

なぜ一人暮らしでWiFi環境が必要だと思いますか?

答えは、これです。

一人暮らしでWiFiが必要な理由
  • スマホのテザリングには容量制限があるため
  • フリーWi-Fiはセキュリティが弱いため

この2つが一人暮らしでWi-Fiが必要な理由です!

ネット環境がない場合スマホの「テザリング」を使うか「フリーWi-Fi」が使えるカフェなどに行くしかないからです。

テザリングはパケ切れあり

テザリングは動画の視聴、LINEやSkypeなどのビデオ通話は大量のデータを使います。

他にもアプリのバックグラウンド更新を許可していると使用していなくても意図しないところでパケットが消費されてしまいます。

スマホの契約にもよりますがテザリングの容量は7GBの容量制限があます。動画視聴などすると、あっという間に容量を超えてしまいます。

容量を超えてしまった場合、通信速度が128Kbpsと低速になってしまうため、まともにネット閲覧することができません。

テザリングはデータチャージという制度があるため追加料金を支払えば同月内でもデータ容量を復活させることはできますが0.5GBでも550円 (有効期間:チャージ日より62日間)もかかってしまいます。

【au公式サイト】データチャージ料金

フリーWi-Fiの危険性

フリーWi-Fi危険

「フリーWiFi」はカフェ、駅、ホテル、コンビニ、電車など誰でも自由に使うことができます。

しかし無料で便利な反面、フリーWi-Fiには危険も潜んでいます

フリーWiFiは盗聴・のぞき見、なりすましアクセスポイントなど危険がたくさんあります。

悪用され個人情報を抜き取られてしまう危険性があるためおすすめではありません。

他にも混雑しやすく速度が遅い、繋がり難いといったデメリットもあります。

Wi-FiフリースポットフリーWiFiでやってはいけないこと。安全に使うために知っておくべき知識!

 ランキングTOP5から読む

一人暮らしにおすすめなネット環境とは?

Wi-Fiの比較

ネット環境大きく分けると光回線」、「モバイル回線」、「テザリングの3つがあります。

TOTO
ここではネット回線の違いを比較していきます。

それぞれの違いを見ていきましょう。

光回線(固定回線)がおすすめな人

光回線Wi-Fi

光回線がおすすめな人
  • オンラインゲームや株取引などする人で速度重視の人
  • 家族暮らしをしている人
  • 引越しの予定がない人
  • 開通までの工事に時間が掛かっても問題ない人

光回線は固定回線のため高速で安定性があるため上記のような使い方をする人におすすめです。

WiFiルーターを設置すれば家の中を無線の環境にすることも可能です。

光回線は建物から部屋まで有線でつなぐため工事も必要になるので引っ越しを検討している人や一人暮らしにおすすめではありません。

開通までの期間も1~3ヶ月ほどかかるため、すぐにインターネットを開通させてい人にも向いていません。

光回線(固定回線)はオンラインゲーム・株取引をするひとにとっておすすめです。

モバイル回線がおすすめ人

モバイルWi-Fiルーター

モバイル回線(ポケットWiFi)がおすすめ人
  • 一人暮らしの大学生や社会人
  • 引越しを頻繁にする人や近々、引越しをする予定の人
  • 出張や転勤が多い人
  • 自宅と外の両方で使いたい
  • 自宅の固定回線代わりにしたい
  • 直ぐにネット環境がほしい人
  • 動画やゲームなど速度や容量を必要としない人
  • フリーWi-Fiを使っている人
  • 月額料金を抑えたい人

一人暮らし最適なのがモバイル回線(ポケットWiFi)です。

モバイル回線(ポケットWiFi)には「モバイルルーター」と「ホームルーター」があり

どちらも工事不要で簡単にネット環境を作ることができます。

アパートやマンションで回線工事ができない、すぐに使いたい場合ポケットWiFiが便利です。

光回線に比べコストも安いため一人暮らしには一番おすすめの回線です!

テザリングがおすすめな人

テザリングおすすめな人

テザリングがおすすめな人
  • パソコンで外でネットをしない人

テザリングはスマホの契約をしている人ならだれでも利用することができるネット環境です。

外ではスマホしか使わない。パソコンは家や会社でしか使わないような人はテザリングがあれば十分という人もいるでしょう。

ただしテザリングは利用した分だけパケットを消費するので思わぬかたちで通信制限にらないよう注意が必要です。

 ランキングTOP5から読む

一人暮らしにおすすめポケットWiFiは WiMAX

モバイル回線を使ったネット環境がポケットWiFiです。

ポケットWiFiには  WiMAXとLTEの2種類があります。

詳しくはこちら

そして一人暮らしにおすすめのポケットWiFiが WiMAXです!

WiMAX(ワイマックス)とは

WiMAXWiMAX(ワイマックス)とはKDDIグループの「UQコミュニケーションズ株式会社」が提供している通信方式のことです。

WiMAXの最新規格がWiMAX2+です。

「UQ WiMAX」とはUQコミュニケーションズ株式会社が提供しているサービス名のことです。

  • WiMAXは通信規格のこと
  • WiMAX2+はWiMAXの最新規格のこと
  • UQ WiMAXはサービス名のこと

またGMO、ビッグローブ、ニフティ、リンクライフなどがUQコミュニケーションズから設備を仮受けWiMAXを使った通信サービスを提供しています。

TOTO
プロバイダーが WiMAXの代理店なんです。

WiMAXを提供している主なプロバイダー

サービス提供会社 サービス名 通信規格
UQコミュニケーションズ UQ WiMAX WiMAX2+
GMOインターネット とくとくBB WiMAX 2+
ビッグローブ BIGLOBE WiMAX 2+
ニフティ @nifty WiMAX
リンクライフ BroadWiMAX

WiMAXを提供している主要なプロバイダーをご紹介します。

WiMAXはどこのプロバイダーと契約しても製品、性能は同じです。

だから料金、サポート、特典などの条件の良いところで契約するのがポイントになります

 ランキングTOP5から読む

WiMAX(ワイマックス)5つデメリット

WiMAXのデメリット

WiMAXを契約する前に必ず知っておいて欲しいデメリットが5つあります。

デメリットも十分考慮した上で契約をするようにしましょう!

5つのデメリット

  • 提供エリアが狭い。山間部など田舎では繋がり難い。
  • 壁など障害物に弱く建物内や地下で繋がり難い。
  • 3日で10GB以上使用すると速度制限がかかる。
  • 3年契約と縛りがある。
  • 光回線に比べ遅い。

提供エリアが狭い。山間部など田舎では繋がり難い。

全国的に展開しているWiMAXですが山間部や田舎では使えないエリアがまだあります。

実際に使えるかは公式サイトから確認することができるためご自身が対象エリアかどうか、「UQ WiMAX」公式ページの「サービスエリアマップ」を使い確認してみましょう。

 

壁など障害物に弱く建物内や地下で繋がり難い。

WiMAXの弱点が電波の弱さです。LTEと比べ障害物に弱く建物内では繋がり難くいことがデメリットです。

都心部では障害物が多くカフェなど建物の中では電波が弱く繋がり難いことがあります。

そのような場合の対処は原始的ですが窓の近くへ移動するなどで電波を拾ったりします。

3日で10GB以上使うと速度制限がある

WiMAXには3日で10GB以上使用すると速度制限が掛かる条件があります。

WiMAX運営元のUQコミュニーケーションズが以前に発表したデータから換算すると、 10GBの通信量はYouTubeを40時間が目安です。

3日で40時間を動画を視聴するのも大変ですが、他にも10GB以上の大容量のデータをダウンロードするなどは一発アウトなので注意しましょう。

10GBを超えてしまった場合は翌日のネットワーク混雑時間帯18時頃~翌2時頃の通信速度に制限が掛かり速度が1Mbpsに下がります。

しかし1Mbpsに下がったとしてもYouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度のため通常にインターネットをするに支障があるレベルではないのでWiMAXの速度制限は良心的とも言えます

スマホ パソコン
ホームページ閲覧 約33,000回 約4,000回
テキストメール(300文字) 約66万回 約33万回
Youtube(標準画質) 40時間 40時間

3年契約のプランが多い(3年縛り)

WiMAXの契約をできるプロバイダーのほとんどが3年契約です。

1年契約や2年契約のプロバイダーもありますが契約期間が短いほど月額料金は割高になります。

WiMAX以外のポケットWi-Fiなどは契約期間の縛りを設けていないものもある為、短期だけ使いたい場合にはデメリットですね。

光回線(固定回線)に比べping値が遅い

WiMAXに限ったことではありませんが光回線(固定回線)に比べるとping値が遅いためFPSなどping値が重要なオンラインゲームには不向きです。

オンラインゲームや株取引を中心にネットを使用する場合は自宅は固定回線にし外ではモバイルWi-Fiルーターを使うようにしたほうが良いでしょう。

 ランキングTOP5から読む

WiMAX2+(ワイマックス)の5つのメリット

 

逆にWiMAXのメリットを見てみましょう。

5つのメリット

  • 工事不要で届いたその日から使える
  • 不自由のない通信速度
  • 持ち運び可能でいつでもどこでも使える
  • 月額料金を安く抑えることができた
  • 速度制限を気にしたことが無い

工事不要で届いたその日から使える!

WiMAXは光回線のように工事をする必要がありません。端末が届いた日からすぐに使うことができます。

プロバイダーによっては即日発送もしてくれるため契約してから1週間もあればネット環境が整ってしまいます!

一人暮らしの人にとって自宅は光回線の代わりにモバイル回線にすることは経済的でもあります。

一人暮らしならオンラインゲームなどのヘビーユーザーを除けばWiMAXで手軽にネット環境を整えるのが、おすすめです。

不自由のない通信速度!

最新機種のWiMAX2+では最大1Gbpsを超える通信速度のためフレッツ光などの固定回線と同レベルです。

動画の視聴も5Mbps程度ですから速度的には基本的に全く問題ありません。

MEMO
通信速度は使うWiFiルーターによって異なります。1Gbpsはスペック上の数値で実際の数値とは異なります。
TOTO
TOTOはW05なので旧式を使ってるけど通信速度に不満を感じたことはないよ!

持ち運び可能でいつでもどこでも使える!

WiMAXに限ったことではありませんが、家でも外出先でも制限を気にせず安全にインターネットを楽しことができるようになりました。

一人暮らしの人なら家では固定回線の代わりにすれば経済的にもおすすめです。

テザリングやフリーWi-Fiを使わないのでパケ切れやセキュリティも気にする必要がありませんね!

月額料金を安く抑えることができた!

一番気になる月額料金ですがWiMAXの月額料金は平均3,700円です。

BroadWiMAXの月額料金は使用期間によって変わる為、36ヶ月間の平均を算出

フレッツ光やauひかりなどの固定回線はマンションタイプで3,600円~、戸建てタイプで5,000円~です。

更にスマホも格安SIMにしてしまえば月額2,000円程度に抑えることができるから、合計しても月額5,000円~6,000円程度で済んでしまいます。

TOTO
一人暮らしなら固定回線の代わりにすればコスパも最高!

速度制限を気にしたことが無い!

WiMAXの速度制限についてはデメリットにも挙げていますがメリットであるんです!

TOTO
あまり気にしなくても大丈夫!

速度制限になっても1Gbpsの速度なら通常に使うことにほとんど支障がないからです。

10GBのレベルはYouTube動画(標準画質)の視聴で40時間に相当です。

TOTOが凄く使ったという月でも30~40GBくらいですから3日でオーバーするの相当だなと・・・

オンラインゲームのヘビーユーザーでない限り、ほぼ気にする必要はないのではと思います。

 ランキングTOP5から読む

WiMAXのリアルな口コミ!(Twitter)

実際のSNSでの評判はどうなのか気になるとろですよね。

良い口コミもあれば悪い口コミもあります。WiMAXのメリット、デメリットでもご紹介しているように、WiMAXが合う合わないは人それぞれです。

購入前のリアルな口コミも参考にしてみてください。

悪い口コミ

良い口コミ

 ランキングTOP5から読む

WiMAXのプロバイダ選び。3つのポイントをチェック!

TOTO
WiMAXのプロバイダーを選ぶポイントを解説します!

先程お話ししましたが WiMAXはどのプロバイダーと契約したも製品、性能は同じなため条件の良いプロバイダーを選ぶことがポイントです。

ではWiMAXの選び方を具体的に見ていきましょう!

3つのポイント

  • 3年間の支払い総額の安さ
  • 月額料金の安さ
  • サポート体制の充実度

3年間の総額で比較する

WiMAXの契約期間は3年が主流になっています。

そのため支払総額で最も安いプロバイダを選ぶことがポイントです!

月額料金の安さを比較

支払い総額を確認することと、もう一つ月額料金も他社と比較することがポイントです。

プロバイダーによって割引額が異なります。

月額料金が安く、尚且つ支払総額が安いプロバイダーがポイントです!

サポート体制をチェック

ポイントは「チャットサポート」と「問合せ先の電話」です。

プロバイダーのサポートダイヤルはどこも混み合っているため直ぐに繋がりません。

ちょっとしたことを聞きい時に電話しても繋がらないのは不便ですよね。

そんな時はチャットサポートが意外と便利なんです。

BroadWiMAX チャットサポート

チャットサポートは公式サイトの右下にポップアップされています。

わざわざ電話をしなくても気軽に確認することもできますし、メールのように返信に時間がかかることもありません。

もい一つは「電話」です。

契約前はサポートダイヤルを設けていないプロバイダーもあります。オペレーターに質問したい場合は折り返しの予約をする必要があります。

一人暮らしにおすすめWiMAXランキング

一人暮らしで使うならできるだけコスパの良いプロバイダーと契約したいですよね。

主要プロバイダー10社を比較し一人暮らしにおすすめなWiMAXプロバイダーをBEST5を紹介します。

おすすめは管理人のポンも契約しているBroadWiMAXですがBEST5まで是非参考にしてみてください。

第5位 So-net モバイル WiMAX 2+(おすすめ度:★★☆☆☆)

一人暮らしにおすすめWiMAXの5位はSo-net モバイル WiMAX 2+


ソニーグループのインターネットプロバイダーが運営しているSo-net モバイル WiMAX 2+ですが支払総額は148,656円で5社中では最高値です。

ただソネットはauスマホユーザーならスマートバリュー mineでauスマホ/auケータイの月額利用料が割引になります。

auスマホユーザーなら

  • auスマホの月額料金が最大1,000円/月割引
  • LTEオプションが無料

キャッシュバックが無い点、13ヶ月目以降の月額料金が4,000円以上するためauユーザー以外の人が契約するメリットはないでしょう。

第4位 カシモWiMAX(おすすめ度:★★☆☆☆)

一人暮らしにおすすめWiMAXの4位はカシモWiMAX

カシモWiMAXは、2017年10月に開始された「MEモバイル」という会社が行っているWiMAXサービスです。

初月の月額料金が1,380円と衝撃的な安さですが2ヶ月目以降は3,580円と高くなります。初月のみは業界でもダントツ最安値ですが3年間の支払い総額は135,668円と最安値の水準ではありません。

ポイント

  • 初月月額料金1,380円は業界最安値
  • 最短当日発送

Check now

業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX

カシモWiMAXカシモWiMAXは本当におすすめなワイマックスなのか?評判を調査した結果…

第3位 BIGLOBE WiMAX 2+(おすすめ度:★★★☆☆)

一人暮らしにおすすめWiMAXの3位はBIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAXでは珍しい契約期間1年で自動更新がありません。

TOTO
WiMAXの業界では3年契約が一般的ですが縛りが1年なのは珍しいですね

2年目以降は契約解除料金も0円です。

ただ月額料金は3,980円なので仮に3年間使用した場合の支払総額は143,280円になるため割高になります。

長期間縛られたくないという人におすすめです。

ポイント

  • 契約期間1年、自動更新なし
  • 15,000円キャッシュバック
  • auスマホユーザーは「auスマートバリューmine」でさらにお得

Check now

第2位 GMOとくとくBB WiMAX 2+(おすすめ度:★★★★☆)

一人暮らしにおすすめWiMAXの2位はGMOとくとくBB


実質の支払い総額ではキャッシュバックを貰えば最安値です。

GMOとくとくBBはキャッシュバックが30,000円超と高額で、3年間の実質支払い総額で2位の「BroadWiMAX」に8,266円の差を付けています。

先にも書いたように、WiMAXはプロバイダごとに通信品質の差は無く、プロバイダを選ぶ際には料金の安さが重要な要素となります。

キャッシュバック金額を含めた実質費用の安さが重要ですから、実質費用が一番安いGMOとくとくBBが必然的におすすめのWiMAXプロバイダということです。

ただ2位にした理由はキャッシュバックの受け取りに手間が掛かることと受け取りまでに時間がかかるためです。

キャッシュバック受取の注意点

端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

GMOとくとくBBより抜粋

TOTO
キャッシュバックの受け取り忘れに注意!

ポイント

  • 業界最大級のキャッシュバック
  • 支払い総額は最安値
  • サポート時間が長い(10時~19時)
  • 知名度が高く人気がある

Check now

最大31,500円キャッシュバック

第1位 BroadWiMAX(おすすめ度MAX:★★★★★

一人暮らしにおすすめWiMAXの1位はBroadWiMAX


BroadWiMAXは「GMOとくとくBB」と競合する人気のプロバイダーで運営元の株式会社Link Lifeは従業員600人強のMVNO事業を中心とした業界最大手の会社です。

ポイント

  • キャンペーンの特典が豊富
  • 月額料金が最安値級。
  • WiMAX2+とau LTE 2ハイブリット通信が無料。
  • 解約サポートで解約金の負担をなくせる。
  • 店舗受取ができるため最短即日から使える

キャッシュバックはありませんが、その分月額料金の割引きが大きいのが特徴です。

さらに初期費用無料のキャンペーンがあります。

BroadWiMAX 初期費用無料キャンペーン

BroadWiMAXを使っていて通信速度で満足いかなかった場合でも違約金の掛からない乗り換えのサポートも付いているので安心です。

BroadWiMAX【月額最安値】BroadWiMAXを2年使った感想をガチでレビュー!メリット・デメリット全暴露!

まとめ

今回の記事では、一人暮らしにおすすめのネット環境は何が良いのかを書きました。

結論、一人暮らしにおすすめなネット環境はWiMAX(ワイマックス)です。

WiMAX(ワイマックス)は通信速度が速くデータ容量の制限も気にする必要が無いだけでなく回線工事不要で、契約したら最短即日から使うことができます。

TOTO
工事不要で設定も簡単だから女性でも安心ですよね。

是非とも今回の記事を参考に後から後悔しないWi-Fi選びをしてください。

今回ご紹介したこと
  • 一人暮らしおすすめネット環境はWiMAX(ワイマックス)
  • WiMAXの選び方
  • WiMAXおすすめプロバイダBEST5
  • WiMAXのメリット・デメリット
  • WiMAXのリアルな口コミ