テレワークにおすすめポケットWiFiはこちら

大学生の一人暮らしはWiFiが必需品。2,000円台で使える格安ポケットWiFi

どうも、ITブロガーのTOTO(@hikakora_toto)です。

これから一人暮らしをする大学生のあなたはインターネット環境をどうするか決まっていますか?

もしかしてスマホで十分なんて考えてませんか

確かにスマホがあれば学校の情報を得る程度のことは困らないでしょう。

でも、スマホだけでは色々と心配なことも・・・

  • スマホの充電切れ・・・
  • テザリングのギガ不足・・・

大学生は課題をやるためにパソコンを使う機会が増えます。

と言うことはパソコンでインターネットを使う機会も増えると言うことです。

そうなるとスマホのテザリングやフリーWiFiでは何かと不便になることは間違えありません。

そのため大学生の一人暮らしには「ポケットWiFi」が必需品になるんです!

ポケットWiFiがあれば家でも学校でも好きなときにネットを使えます。

今回は一人暮らしの大学生のために「大学生の一人暮らしはポケットWiFiが必需品。持たなきゃ後悔!」について書いていきます。

一人暮らしの大学生がポケットWiFiを持っていると便利な理由は4つ

大学生活を送るためネット回線にポケットWiFiは必需品です。

スマホだけでは必ず後悔することになるでしょう。

これからなぜ一人暮らしの大学生がポケットWiFiを持っていると便利なのか理由を解説していきます。

ポケットWiFiが便利な理由
  • 宿題の提出、補講、休講、大学からのお知らせなどがネットのため
  • スマホの通信制限、ギガ不足で困るから
  • 固定回線の代わりで節約できるから
  • 卒業やキャンパス移動で引越しをすることもあるから
一人暮らしにWiFiは必要か?WiFi選びに失敗しないための全知識

宿題の提出、補講、休講、大学からのお知らせなどがネットのため

今では大学受験の出願はインターネットでする時代です。合格発表でさえもインターネットです。

大学に入れば宿題の提出、補講、休講などのお知らせは全てネットで公開されます。

また課題の提出にはパソコンを違うでしょう。

パソコンを使う機会が増える大学では調べごとだけでなくファイルのダウンロードやアップロードをすることもあります。

そんな時にスマホしかないとどうでしょう?

  • 充電があまりない…
  • ギガを温存しておきたい…
  • テザリングはバッテリーの消耗が激しい…

こんなことに必ずなるでしょう。

フリーWi-Fiがあるからといっても

  • 電波が悪く繋がりにくい…
  • セキュリティが弱い…

などの問題があります。

便利そうなフリーWiFiですがセキュリティが低いため使うのはおすすめできません。

ポケットWiFiがあれば、いつでも、どこでも、容量を気にせず安全にインターネットができます。

Wi-FiフリースポットフリーWiFiでやってはいけないこと。安全に使うために知っておくべき知識!

スマホの通信制限、ギガ不足にならないために!

動画や大容量データのダウンロードはスマホのデータ通信量を大量に消費します。

気がつかずに使ってしまい月末に通信制限に・・・

そんな経験をした人も多いのではないでしょうか?

スマホのテザリングが使えず、いざ大事な課題が出来なくなったら困りますよね

他にもテザリングを使うとスマホのバッテリーを消耗し電池切れなんてことも…

ポケットWiFiがあれば、このよな心配をすることもありませんね。

固定回線の代わりで節約ができる!

固定回線は通信速度の速さがメリットですが一人暮らしの大学生には不向きです。

固定回線は自宅でしかインターネットができないからです。

固定回線はプロバイダーと契約し家に光回線を引き込む工事をしなければいけません。

アパートやマンションの建物側の設備状況によっては工事ができないことや、プロバイダーのエリア外なんてことも考えられます。

持ち運びができなことを考えれば一人暮らしの大学生にとってはオーバースペックとも言えます。

モバイル回線には持ち運びできる「モバイルルーター」と据え置き型の「ホームルーター」がありますが、契約をするなら「モバイルルーター」一択でしょう。

ホームルーターは工事不要で簡単に使えますが一人暮らしよりも家族暮らし向けです。

やはり家でも外でもインターネットができる環境が便利ですし通信費の節約にもなります。

卒業後やキャンパス移動で引越しもある

大学で一人暮らしを始めたあなたは卒業後は同じ場所に住み続けますか?

または学年が上がるとキャンパスが変わり引越しをするなんてこともあるのでは。

一人暮らしの大学生は後々の引越しを見据えたネット環境にする必要があります。

ポケットWiFiなら工事の必要がないため引越し先でそのまま使う事ができます

固定回線だとルーターの撤去やプロバイダーや回線業者に引越しの手続きをする必要があり面倒でお金もかかります。

大学生がポケットWiFiを契約する際の注意点

大学生がポケットWiFiを契約する際に注意する点が3つあります。

3つの注意事項
  • 支払いにはクレジットカードが必要(口振できない事業者がある)
  • 未成年の場合は親の同意が必要
  • 契約期間に縛りがあること

支払いにはクレジットカードが必要。口座振替は損!!

大学生になったあなたはクレジットカードを持っていますか?

ポケットWiFiを提供しているプロバイダーの支払方法はクレジットカード払いがメインになります。

口座振替やコンビニ払いに対応したところは、ごくわずかです。

仮に口座振替ができたとしても手続きに審査があったり面倒です。

しかも月額料金が割高になったり(キャンペーン適応外)、手数料が別途かかってきます。

ですからポケットWiFiを契約する上でクレジットカードは必須です!

まだ持っていなら大学生でも作れるクレジットカードを1枚作っておくと良いでしょう。

口座振替が使えるWiMAX事業者

WiMAXはクレジットカード不要で契約できる?口座振替が使えるおすすめWiMAX

未成年の大学生ではWiMAXの契約はできないのか?

未成年が本人名義で申し込みする場合は通常と同じ流れでWiMAXを契約することはできませんが、本人申込みをすることは可能です。

その場合は親意書が必要になります。

BroadWiMAXやUQ WiMAXに記載されている内容をみると必要書類は「本人確認書類」、「親権者同意書」、「親権者様の本人確認書類」、「続柄を証明する書類」などが必要となっています。

これらが用意できない場合は未成年では本人名義で契約することができません。契約をするには親の名義で契約をすることになります。

 BroadWiMAX

未成年者の場合、19歳以上であればご両親の同意書の確認をいただければお申し込み可能でございます。

 

UQ WiMAX

未成年者名義での申込みに必要な書類を教えてください。

ご契約にあたり以下の書類を確認させていただきます。

・ご契約者様の本人確認書類
・親権者同意書
・親権者様の本人確認書類
【ご契約者様と親権者様の苗字・住所に相違がある場合】ご契約者様と親権者様の続柄がわかる書類(発行から3ヶ月以内のものに限る)が必要になります。

<続柄を証明する書類>

・住民票もしくは戸籍謄本
※親権者様が未成年後見人の場合は、戸籍謄本のみ有効

※ご契約者様が未成年の場合、親権者同伴での来店の場合のみお申込みいただけます。

ポケットWiFiには契約期間がある

ポケットWiFiには契約期間があることを知っておきましょう。

どのプロバイダーも2年~3年3が一般的です。

契約期間の縛りがある場合、途中で解約する場合は違約金が発生します。

短期間だけ利用したいと考えているのであれば、1年契約ができる「BIGLOBE WiMAX 2+
」か、いつでも解約できる「縛りなしWiFi」がおすすめです。

 

一人暮らしの大学生のライフスタイルに合ったネット環境とは

ネット環境はライフスタイルに合わせて選ぶことが重要です。

なぜライフスタイルが重要なのか?

今回で言えば「大学生の一人暮らし」というライフスタイルにあったものです。

ライフスタイルは人それぞれあります。

  • 一人暮らしの大学生
  • 家でしかWiFiに繋がない人
  • 4人家族で皆が家でインターネットをする
  • 仕事柄、引越しがが多い
  • オンラインゲームのヘビーヘビーユーザー
  • 動画を見るのは家だけ
  • ノートパソコンでカフェでも作業したい人
  • ほとんどパソコンを家で使わない人

一人暮らしの大学生であれば持ち運びができる「ポケットWiFi」を選ぶのがベストな選択でしょう。

ネット環境には大きく2つの種類があるため、いざ契約する時に違いが分かるようにしておきましょう。

ネット環境の種類
  • 光回線
  • モバイル回線

光回線(固定回線)の無線LANルーター

光回線はフレッツ光やauひかり、NURO光などの固定回線のことです。

固定回線は、部屋の中まで光回線の引込み工事を行います。そのため家の中でしかインターネットをすることができません。

専用の無線LANルーター繋げることで光回線を家の中だけでWi-Fi環境にすることができます。

光回線が向いている人は家族暮らしの人やオンラインゲームや大容量のデータのやり取りが多い人になります。

光回線(固定回線)の特長
  • 光回線の引込み工事が必要
  • 開通までに1~3ヶ月かかる
  • 解約時にはルーターの撤去など工事や費用が掛かる
  • 回線速度が速い
  • 選べるプロバイダーが豊富
光コラボ フレッツ光 違い知らないと損!フレッツ光と光コラボの違いを分かりやすく解説!【完全ガイド】

モバイル回線①(ホームルーター)

ホームルーターは据え置き型のルーターです。

WiMAXのL01sやソフトバンクのSoftbankAirがホームルーターにあたります。

手軽にインターネットができることから人気も高いホームルーターですが光回線(固定回線)のWiFiとの違いが分かり難いかと思います。

Speed Wi-Fi HOME L02

光回線との大きな違いは工事が必要ないことです。

簡単な設定とコンセントに差し込むだけで家の中だけをWiFi環境にすることができます。

ホームルーターの特長
  • 光回線の引込み工事が不要(工事代が掛からない)
  • 家だけで手軽にWi-Fi環境ができる
  • インターネットを接続する際の面倒な設定がいらない
  • データ容量は無制限

モバイル回線②(モバイルルーター)

家でも外でも使えるので固定回線の代わりになり通信コストの節約になる為、一人暮らしの大学生におすすめなモバイルルーターです。

さっそく、モバイルルーターの種類をみていきましょう。

  • WiMAX
  • Y!mobile
  • ネクストモバイル

これらが代表的なモバイルルーターです。

モバイルルーターは会社によって通信規格が異なるため使い勝手が変わります。

モバイルルーターの通信規格の種類

モバイルルーターには2種類の通信規格があります。

WiMAX2+とLTEです。

WiMAXとLTEの違いについてはこちらで詳しく解説をしています。

特徴としては「通信速度」と「電波のつながりかた」が大きく異なります。

  • WiMAX2+(速いが山間部や田舎、地下街は繋がりにくい)
  • LTE(スマホと同レベルで繋がる。つながるエリアが広範囲)

WiMAX 2+はWiMAXよりも通信速度が大幅に高速化された後継サービスのこと

WiMAX2+とLTEの「速度低下」と「速度制御」の違い

WiMAXには「ギガ放題」、LTE回線は無制限のプランがありどちらも使い放題のように聞こえますが実は完全な使い放題ということではありません。

WiMAXの場合、直近3日で10GBといった制限があります。もし容量を超えてしまった場合には「速度制御」というペナルティがあります。

速度制御とは無制限の契約をしていても一定の条件を超えてしまうとネットワーク利用の公平性確保のため速速度が低下するものです。

しかし速度制御による制限後の速度は最大通信速度は1Mbpsです。この速度はYouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度です。

一方、LTE回線は契約プランを超えたギガ数を使うと「速度低下」のペナルティがあります。

それが以下の内容です。

ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合のみ、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。

月額料金2,000円台で使える格安ポケットWiFi

月間20GBまたは30GBの容量制限はありますが月額料金が2,000円台と格安で使えるポケットWiFiをご紹介します。

3位:縛りなしWiFi

大学生の一人暮らしにすすめポケットWiFiの3位は縛りなしWiFi

縛りなしWiFiのライトプランは月間20GB、通常プランは月間容量無制限です。

通常プランは無制限と書かれていますが1日2GBの容量制限があります。この制限を超えてしまった場合、当日速度制限となってしまいます。

このような条件がついていますが月間では無制限で使えて月額2,800円はかなりお得と言えます。

契約期間は3年なので少々長いのがデメリットです。

Check now

契約期間なし!!月額3300円のポケットWi-Fi

縛りなしWiFi【業界初】契約期間の縛り無し!「縛りなしWIFI」の評判で分かった5のデメリット

2位:NEXTmobile

大学生の一人暮らしにすすめポケットWiFiの2位はNEXTmoible


ネクストモバイルはソフトバンクの4GLTE回線を使った国内専用のモバイルWiFiです。

ネクストモバイルの月額料金はGMOとくとくBBとほぼ同等ですが契約期間が2年とちょっと長めです。

ただ支払い方法に口座振替を選ぶことができます。

口座振替にした場合、手数料として月額料金が200円高くなってしまうので支払い方法はクレカ一択でしょう。

また25ヶ月以降の月額料金が500円あがるので注意しましょう。

 

ネクストモバイル【注意】ネクストモバイルの無制限プラン終了。ヘビーユザーにはおすすめできない!

1位:ギガゴリWiFi(GMOインターネット)

大学生の一人暮らしにすすめポケットWiFiの1位は【GMOとくとくBB】

ギガゴリWIFIは20GBプランで月額料金2,350円と最安値!

しかも契約期間は1年と短期!

大学生の一人暮らしでなくても、この料金は魅力的ですね!

ギガゴリWIFIはプロバイダー最大手のGMOインターネットが運営するポケットWiFiだから知名度が高く人気があります。

20GB、30GBでは足りない。無制限で使いたいという人でも「ワールドプラン」が月額3,460円で使うことができます。

注意
ワールドプランの契約期間は3年です。

Check now

月額料金2,350円~業界最安値!

ギガゴリWiFiギガゴリワイファイの口コミ・評判を調査!メリットの裏に潜むデメリットとは?

大学生におすすめ無制限で使えるポケットWiFi

2,000円台で使えるポケットWiFiを紹介してきましたが無制限で使えるポケットWiFiも紹介します。

3位:GMOとくとくBB(ギガゴリワールド)

大学生におすすめ無制限で使えるポケットWiFiの3位は【GMOとくとくBB】ギガゴリWiFiワールド


「50GB超プラン」が終了し2020年4月から新プラン「ワールドプラン」がスタートしました。

ワールドプランの特徴は月額料金3,460円の2年契約、直近制限なしで使い放題(無制限)、国内だけでなく海外でも使うことができます。

Check now

直近制限なし!工事不要で持ち歩きにも便利なモバイルWi-Fiルーター

ギガゴリWiFiギガゴリワイファイの口コミ・評判を調査!メリットの裏に潜むデメリットとは?

2位:GMOとくとくBB WiMAX 2+

大学生におすすめ無制限で使えるポケットWiFiの2位はGMOとくとくBB WiMAX 2+


実質の支払い総額ではキャッシュバックを貰えば最安値です。

GMOとくとくBBはキャッシュバックが30,000円超と高額で、3年間の実質支払い総額で2位の「BroadWiMAX」に8,266円の差を付けています。

先にも書いたように、WiMAXはプロバイダごとに通信品質の差は無く、プロバイダを選ぶ際には料金の安さが重要な要素となります。

キャッシュバック金額を含めた実質費用の安さが重要ですから、実質費用が一番安いGMOとくとくBBが必然的におすすめのWiMAXプロバイダということです。

ただ2位にした理由はキャッシュバックの受け取りに手間が掛かることと受け取りまでに時間がかかるためです。

キャッシュバック受取の注意点

端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

GMOとくとくBBより抜粋

TOTO
キャッシュバックの受け取り忘れに注意!

ポイント

  • 業界最大級のキャッシュバック
  • 支払い総額は最安値
  • サポート時間が長い(10時~19時)
  • 知名度が高く人気がある

Check now

最大31,500円キャッシュバック

1位:BroadWiMAX

大学生におすすめ無制限で使えるポケットWiFiの1位はBroadWiMAX

BroadWiMAX

BroadWiMAX運営元の株式会社Link Lifeは従業員600人強のMVNO事業を中心とした業界最大手の会社です。

BroadWiMAXは他社のようにキャッシュバック特典はありませんが、その分月額料金の割引が大きいのが特徴です。

BroadWiMAXの特徴

  • キャンペーンの特典が豊富
  • 月額料金が最安値級
  • WiMAX2+とau LTE 2のハイブリット通信が無料
  • 「解約サポート」で解約金の負担をなくせるという安心感

Check now

【WiMAX2+】月額2,726円(税抜)~!

BroadWiMAX【月額最安値】BroadWiMAXを2年使った感想をガチでレビュー!メリット・デメリット全暴露!

まとめ

今回の記事では「大学生の一人暮らしはWiFiが必需品。2,000円台で使える格安ポケットWiFiも紹介!」を書いてきました。

結論、大学生の一人暮らしでは「ポケットWiFi」は必需品です。

ネット環境をしっかり整えてこれからの大学生活を楽しんでください。

 

一人暮らしにWiFiは必要か?WiFi選びに失敗しないための全知識 一人暮らし WiFi一人暮らしにおすすめネット環境とは?失敗しない選び方を解説!